潤いを包み込むヒアルロン酸!数多くの商品に配合されている

ヒアルロン酸は、もともと人の身体の中で自然に生成される物質で水分をしっかりと包み込み皮膚のうるおいを保つ働きがあります。

ヒアルロン酸自体は主に人間の身体の表皮や真皮層などをはじめ、関節などにも多く存在して必要な部分に必要な水分量をしっかりと供給する重要な役割を果たしています。ヒアルロン酸は大体20歳ごろまでに生産量がピークを迎えますが、この年代の女性のお肌にハリとうるおいがあるのは、その十分なヒアルロン酸量のおかげなのが良くわかると思います。

その後、残念ながら年齢とともに生成される量が減少していく傾向にあります。つまりヒアルロン酸の絶対必要量が減少することでいわゆる年齢肌と言われるお肌の乾燥やシワやたるみが引き起こされてしまうのです。

特に女性にとっては重要なヒアルロン酸ですが、自分の身体がヒアルロン酸を作れなくなってからは、ヒアルロン酸サプリやクリームなどで外部から積極的に取り入れる必要があります。

素晴らしい保水能力を発揮してお肌のうるおいを保ちながら、ハリのある素肌を維持できるヒアルロン酸は特に肌の乾燥によるカサつきや弾力の低下、さらに肌のうるおい減退による目尻やまぶたのシワなどが目立ったり、その他のお肌のトラブルが増えてくる40代以降の女性にとってはまさに救世主となる夢のような働きをしてくれる成分です。

このことからお肌の老化の始まりは、ヒアルロン酸減少が最も大きな原因になっていることは明らかでしょう。

■さまざまな商品に含まれているヒアルロン酸

現在販売されている多くの女性用化粧品のラインでも、容器に表示されている成分表を見れば、ヒアルロン酸入りの文字が表示されているものがとても多いことに気づくと思います。

化粧水や乳液や美容液などの基本的なスキンケア製品や飲んでヒアルロン成分を取り込むタイプの美肌サプリメントなど現在、数多くの美容製品に取り入れられており、ヒアルロン酸の持つ高い保湿効果が多くの女性のスキンケアに欠かせないものとなっています。

ヒアルロン酸の働きは肌への美容効果だけがクローズアップされてしまっていますが、実際にはお肌への高い保湿効果だけでなく、ひざ関節や首関節などの関節のクッションの役割も果たしてくれる軟骨成分の一部だということは意外と知られていないようです。

ヒアルロン酸は関節の軟骨組織のなかに多く存在しており、関節を動かす際に滑らかにし、スムーズに歩行するために非常に大切な成分なのです。高齢になってくると関節にヒアルロン酸が激減するため、関節痛を引き起こしてしまう原因になります。

ここにヒアルロン酸のサプリなどを服用すると一定の効果があがると言われています。しかし最近では最も効果的な方法として、ひざなどの関節の軟骨組織に直接ヒアルロン酸を注射することで軟骨の組織が増加し、新たな軟骨部分を形成できたという研究も報告されているようです。

またその他にも目の極度な乾燥によるドライアイ症状にもヒアルロン酸配合の点眼薬やコンタクトレンズ保存液などが大きなドライアイ予防や治療効果を上げています。




コメントはまだありません


You can leave the first : )



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です